MENU

葛の花イソフラボンでダイエットしたいあなたに

葛の花イソフラボンダイエットって最近人気が出てきていますよね。テレビやネットでも「葛の花イソフラボン」「葛の花由来イソフラボン」って言葉を目にする機会もあるのではないでしょうか。

 

葛の花イソフラボンに興味が出てくると、「葛の花イソフラボンってなんでダイエットに効くの?」「葛の花イソフラボンはどれを買ったらいいの?」といった疑問も湧いてくるかと思います。そんなあなたの疑問にお答えしていきます。

なぜ葛の花イソフラボンがダイエットに良いか

葛の花イソフラボンがダイエットに良いと言うけど、なんで葛の花イソフラボンがダイエットに良いと言われているのでしょうか?それにはまず、私たちの体内の脂肪について少し知っておく必要があります。

 

私たちは、糖質と、特に脂肪をエネルギー源にして生活しています。でも、ちょっと油断すると脂肪を過多に摂り過ぎて、体内に脂肪が溜まっていってしまいますよね。また脂肪が溜まりやすい体質の人もいます。

 

体の脂肪を減らすには、簡単に言えば、1.脂肪が溜まらないようにする、2.溜まってしまった脂肪を減らす。この2つの方法になりますよね。そのためには、体内での脂肪の分解や脂肪の燃焼を促進してあげる必要があります。

 

そのための基本となることは、バランスのとれた食生活と日常的に適度な運動をおこなうこと。やっぱり食事と運動って大切なんです。ちょっと面倒って思うかもしれないですけど、すごく大事なので、食生活の見直しと、適度な運動を毎日の生活にとりこむことは是非とも実践してください。

 

さて、本題の「なんで葛の花イソフラボンがダイエットに良いのか?」ということです。

 

食生活と適度な運動で、ある程度の効果は望めます。でもできるなら、より効率的にダイエットしたいと思いませんか?葛の花由来イソフラボンには、脂肪を減らすのをより効率的に助けてくれる成分が含まれているのです。

 

葛の花由来イソフラボンによって、脂肪がよりスムーズに分解され、より積極的に脂肪が燃焼されるのです。年齢とともに、体内での脂肪を分解する力や燃焼する力は年々衰えていってしまいます。

 

それを補ってくれるのが葛の花イソフラボンというわけです。内臓脂肪や皮下脂肪といった体脂肪を減らしたいと思っているのなら、食事と運動以外に、葛の花イソフラボンを加えてダイエットに臨むと、より効果が期待できるというのは、こういった理由からなのです。

葛の花イソフラボンは本当にダイエット効果があるの?

今までに何度もダイエットに失敗してしまった経験があると、「え〜、本当に葛の花イソフラボンでダイエットできるの?」と思うかもしれませんね。たしかに世間には、色々な種類のダイエットサプリメントなどが出回っています。食欲をコントロールするサプリから、脂肪や糖の吸収を抑えると言われているサプリ、脂肪燃焼をサポートするサプリだってあります。

 

では、これらのダイエットサプリと葛の花イソフラボン配合商品との違いは何でしょうか?ダイエットサプリと呼ばれているものは、いわゆる健康食品の部類です。健康食品とか健康補助食品とか栄養補助食品、

 

サプリメント等と色々な呼び名を聞いたことがあるかと思いますが、実際は法律的な明確な分類はなく、どれもいわゆる健康食品ということになります。で、ダイエットサプリは健康食品になりますので、「〜を減らすのを助けます」とか「〜が気になる方に」といった具体的な表現は禁止されています。

 

効果効能を一切言ってはいけないんですね。だから、ダイエットサプリでも、「中性脂肪を減らすのを助けます」とかは言っちゃ駄目なんです。

 

いっぽう、葛の花由来イソフラボンは、保健機能や栄養機能を表示することが部分的認められています。なぜなら、葛の花由来イソフラボンは「機能性表示食品」だからなんです。

 

「機能性表示食品」は2015年に国が始めた制度で、特定保健用食品(トクホ)のように、機能性の表示を国が認めた「保健機能食品」にあたります。ここが一般的なダイエットサプリと葛の花由来イソフラボンの大きな違いなわけです。

葛の花由来イソフラボンって?

このページでも「葛の花イソフラボン」とか「葛の花由来イソフラボン」とか言い方をしていますが、どちらも一緒のことになります。イソフラボンという成分があるのですが、葛の花(くずのはな)から抽出したイソフラボン、という意味のことです。

 

そして抽出元によって、期待できる効果も違ってきます。葛の花以外だと、大豆からの抽出が有名ですね。大豆由来の場合は、骨粗しょう症予防や更年期障害の軽減などに有用とされています。

葛の花由来イソフラボンにはどんな種類の商品が?

葛の花由来イソフラボン関連の商品が世の中に出てきたのはごく最近のことです。2015年に機能性表示食品というカテゴリーが消費者庁で制定されたのち、この成分に注目した各社から続々と葛の花由来イソフラボンの商品が発売されています。

 

シンプルに葛の花由来イソフラボンの成分を詰めたサプリメント錠剤のものから、お茶として抽出して飲むもの、青汁と混ぜ合わせたものなど、いろいろな選択肢があります。もちろん青汁などの他の有用な成分と合わせて摂るという方法も悪くはないですが、葛の花由来イソフラボンの必要な成分量のみを摂る、という考え方で基本的に良いと思います。

 

葛の花由来イソフラボンの1日の摂取量の目安は、22〜42ミリグラム。一般的な葛の花由来イソフラボン商品は、35ミリグラム含有していますので、これで十分でしょう。

 

FUJIFILMから発売されているメタバリア 葛の花イソフラボンや、ハーブ健康本舗から発売されているシボヘール、オンライフが販売しているスリムフォーなどが候補になってくるかと思います。

 

ここで紹介した商品はどれも葛の花由来イソフラボン配合量は1日あたり35ミリグラムとなっていますのでお勧めできます。なお、葛の花由来イソフラボンを摂るときは1日のなかで何度かにわけるのではなく一度にまとめて摂るようにしてください(例:シボヘール1日4錠は、一度に4錠摂る)。

 

いかがでしたか?ダイエットにトライしてみたいあなたにとって、葛の花イソフラボンは、魅力的な方法ではないでしょうか。是非、普段の食事を気を付けるのと適度な運動をすることに加えて、葛の花由来イソフラボンも摂るようにしてみてください。あなたのダイエットをよりサポートしてくる味方になってくれるはずですよ。